親男日誌 ―ナルニアきょうだいとベリーさんと私―

都内で夫婦共働き、4人の子育て(ナルニア物語と同じ男→女→男→女)、妻はベリーの暮らしのベリーさん、そんな家族のお父さんのブログです

どうも!親男(おやおとこ)です。

はじめまして、親男です。

簡単に私と家族のプロフィールを申し上げます。

  • 夫婦共働き、都内在住
  • 子供は4人(保育園2人、小学校1人、中学校1人(2021春の時点))
  • 妻と私の実家は結構遠い
  • 妻はブログ「ベリーの暮らし」を運営するベリーさん
  • 仕事は結構お堅くてニッチな分野

という感じです。

もうちょっと詳しくご紹介している記事はこちら↓。

oya-otoko.hatenablog.com

 

 

そんな私の属性で、私自身がもっとも重きを置き、
誇らしく思っているのは「夫」という点と「親」という点。

 

妻と一緒に知恵と勇気で日々の生活を回せるのは、
楽しいですし、私の誇りです。
そんでもって、私たち夫婦のかけがえのない宝物たちの
親であるということは、本気で感謝の日々なわけであります。

 

ということで、「夫」と「親」という点を
端的に表現できるタイトルはないかなと考え、「親男」という言葉に行きついたわけです。

ちなみに言葉のイメージは仮面ライダーに出てくるショッカーの改造人間の
コウモリ怪人とか、トカゲ男とか、蜘蛛男、みたいな語感で捉えていただければ。

「怪人親男、あらわる!」みたいな。

 


さて。

なぜにブログを書こうかと思ったのか?

私の妻はこちらのHatena Blogで「ベリーの暮らし」というブログを書いているベリーさんです。

www.berry-no-kurashi.com

 

そんなベリーさんは私とまったく真逆の性格で、
今から10年ほど前に結婚を決めた時、
妻は周りから本気で反対をされたほどです。(大きなお世話ですが)

 

つまり、妻は「ベリーの暮らし」で表現されるようなホントに穏やかな人物であり、
そんなベリーさんのブログでたまに描かれる夫像というのが、
なんだかそのイメージに引っ張られて穏やかで物わかりのいい夫のようにも見えてしまい…。
それが現実の私、親男とはだいぶ違うような感じにも思え、
それはいつかちゃんと払拭しなくっちゃと、常々考えていたわけであります。

 
以上、これが私親男のご紹介とブログを開設したわけ。

 

ちなみに妻の「ベリーの暮らし」はライフハック的な要素をふんだんにご紹介していますが、私にそんなライフハックなんてあるわけもなく、基本は育児・家事・夫婦のことなんかを親男目線で書いていこうと、そう思っているわけであります。

 

どうぞよろしくお願いします!

f:id:oya-otoko:20210417084339j:plain

私たち家族が大好きな東京タワー