親男日誌 ―ナルニアきょうだいとベリーさんと私―

都内で夫婦共働き、4人の子育て(ナルニア物語と同じ男→女→男→女)、妻はベリーの暮らしのベリーさん、そんな家族のお父さんのブログです

好きな先生は誰?<きょうだい4人の話より>

どーも、保育園の先生には単純・純粋に感謝しかない親男です。(保育園に通って、ついに13年目に突入しますが、我が家の子育てで本当に何度助けられたことか)

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/b/berry-no-kurashi/20200711/20200711183646.jpg


さて、本日夕食時。

同じ保育園に通った(ている)子供たち4人が、「好きだった先生は誰?」と話し合っていました。

 

先日、小学校卒業まで経験した長男は「そんなの決められるものじゃないよ」と言い。

今度4年生になる長女は「うーん。うーん」と何人かいる好きだった先生たちの誰から言おうか悩み。

今度年中さんになる次男は「好きなんて、そんな先生いないよ」とほっぺたを赤くして照れています。(彼の好きな先生は家族の中ではすでに共有事項。ちょっと前までは、すぐに話してくれていたのに、最近急にその辺を恥ずかしがるようになりました。)

そして、3歳児クラスになる次女は「えーと。えーと」と上の3人の様子を見て、一緒に考えるふり。(でも、彼女の好きな先生は担任の2人の先生だと、これも家族の共有事項。)

 

それぞれ通っていた年代は違えど、13年間保育園に通っている子供が絶えることのなかった我が家。

必ず誰かの思い出は誰かの思い出とつながっていて。

先生に限らず、お昼寝タイムのことや、給食の好きだったメニューのことや。

 

そんなことを楽しそうに話す4人のきょうだいに。

なんか、ちょっとうらやましいな。なんて思ったりもする親男なのであります。