親男日誌 ―ナルニアきょうだいとベリーさんと私―

都内で夫婦共働き、4人の子育て(ナルニア物語と同じ男→女→男→女)、妻はベリーの暮らしのベリーさん、そんな家族のお父さんのブログです

夫の目線:家事の最上級クラスは季節もの

どーも、子供の頃、クーラーを使うたびにお袋から「電気代がー」と言われ続けて、いまだにエアコンを使うときにドキドキする親男です。
(もう省エネのいいもののはずなのに、トラウマ級に植え付けられてます)


さて、本日「ベリーの暮らし」から借りるテーマはこちら↓。

www.berry-no-kurashi.com


エアコン。きれいにしていただけました。
これでさっぱり。すがすがしい。

 

と言いつつ。

私がそういった季節ものにまで目が届いているのかと問われると、もちろんそんなことなく。
結婚以来、10数年間ずっとベリーさん任せです。


家族みんなの衣替えも、夏冬の布団の切り替えも、もしくは季節は関係ないけどコンロ周りの諸々の交換とか。
ベリーさんに頼まれて、コートを運んだり、布団を運んだり、換気扇のフィルター交換したりするけれど。
主体的に動いているのかと言われると、むしろその逆で。
ベリーさんに先んじて気付きますかと問われると、それはほぼ無理、と答えざるを得ません。

 


こういったことが。

私にとっての家事の最上級クラスで。

住んでいる土地に四季がある以上、快適な衣食住はその四季の影響を受けることは当たり前であり。

そういった四季と連携した家事というものは家族にとって極めて重要なものであります。

 

であるならば。

家事上級者を目指して次に私が取るべき行動は、春になったら衣替えの準備を先んじてして、秋になったら栗おこわを炊いてみたりして、ということになるかもしれませんが。

やっぱりちょっとそれは違うかなと。

だって、センスのある方がリードすればいいじゃん!と軽く開き直ってみたりもするわけであります。

 

。。。

。。。ふむ。
何ともまとまらないことになっちゃって、取っ散らかっちゃいましたが。

こういった家事上級スキルにあこがれつつも。

ベリーさんが妻であることで、いろいろと季節を楽しめる生活ができることに改めて感謝する。

というまとめでOKかなぁ。

 


ということで。

 

私は私にできることをするとすると。

夏の家族旅行企画とか。おうちのIT整備とかなわけで。

今日みたいなすがすがしい4月の春の陽気の中、子供たちとベリーさんが楽しめるような旅行企画を練ってみるわけであります。
(くそコロナが許せば。という制約が腹立たしいですが。。。)

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/b/berry-no-kurashi/20180821/20180821224155.jpg