親男日誌 ―ナルニアきょうだいとベリーさんと私―

都内で夫婦共働き、4人の子育て(ナルニア物語と同じ男→女→男→女)、妻はベリーの暮らしのベリーさん、そんな家族のお父さんのブログです

子供たちと妻への誕生日プレゼントをつくってみた

長かったゴールデンウィークも本日で終了です。
妻と子供たちはしっかり9連休、私はカレンダー通りでしたが :-(

 

「GWの最終日」なんて言い方をすると、
サザエさんシンドロームの10倍くらいのなんだか陰鬱な気持ちになっちゃいそうですが、
そんなのはお構いなく、天気はまさに五月晴れの気分のいい日でしたね。

 

で、わが家のGWの最終日は溜まっていた家事を手分けしたり、
ベリーさんがちょっとつまめるお菓子をつくってくれたり、

www.berry-no-kurashi.com

それぞれが好きに過ごした感じの日でした。

 

が。

私と上の子二人には約束していたことがあります。

それが、妻への誕生日プレゼントづくり。

 

プレゼントは兄妹二人で相談して、
手作りフォトスタンドにすることに決めました。

 

昨日、小4の兄が設計図を描き、
小1の妹がいろいろ意見をして、一生懸命計画していました。

 

私は極めて名誉職寄りのスーパーバイザー。

 

そして、気持ちのいい五月晴れの中、
三人で買い物に出かけたのでした。

 

私が出すと言っているのに、
どうしても自分たちのお金を使いたいと、
素材を買い込んで、かなりご機嫌の二人。

 

二人のフォトスタンドの面白いところは、
あげた人が写真を決めるのではなく、
あらかじめ彼らが写真を決めていること。

 

そんな二人が選んだのは、
三人目の次男が産まれた日、
まさに産まれて1時間も経っていない妻が
次男をカンガルー抱っこしている写真だったのでした。

家族5人が初対面して、初めて5人で記念撮影をした写真。

それが子供たちが選んだ写真だったのでした。

 

スーパーバイザーの親男はこここそ仕事のしどころだと、
「お母さんが疲れ切っている写真だから、微妙じゃない?」
と意見したのですが、
二人からはやっぱりこの写真がいいと。

つまり、軽く却下。

 

まあ、製作者の二人がそう言うのなら、そうなのでしょう。

 

ということで。

 

家に帰ってきて一生懸命つくっていた二人。

 

ごく低予算で簡単なつくりではありますが、
子供たちの心づくしの気持ちが
振り切ているプレゼントは無事完成いたしました。

 

ベリーさんは誕生日には、ちょっとはつわりが軽くなって、
喜んでくれたらいいな。